NPO法人 子育て支援センター ちびっこはうす

img

これまでの活動実績

ちびっこはうすでは、時に行政に先駆けて、時に行政や企業とのコラボレーションをはかりながら、様々な子育て支援プロジェクトを行ってきました。 そのいくつかの事例を紹介します。


 

1991年~2009年

ちびっこはうす・親子の家

ちびっこはうす・親子の家

1991年スタート。まだ「子育て支援」という言葉が一般的では

なかった頃にスタートした私設の子育て支援センターです。

親子サークル「ちびっこめいと」と2,3歳児に自由な遊びを提供

する「スタンツ」があり、最盛期には毎週60組を超える親子が通っ

ていました。

2002年

えがおいっぱい子育て応援団事業

えがおいっぱい子育て応援団

山梨県との初めての本格的協働事業。県内2ヵ所の会場で子育てを

テーマにした「えがおいっぱい物語」を上演する他、子育て応援ソ

ングや子育てエッセイ集などの作成を行いました。

2004年

子育てサポーターリーダー養成講座

子育てサポーターリーダー養成講座

山梨県の子育て支援の担い手を育成するための講座を監修。助産師・

カウンセラー・講師などの専門家も招きながら、子育ての現状や子育

てサポートの方法などを学びました。教室は熱気に満ちあふれ、この

講座の受講生の中からは、今も県内各地で活躍する子育て支援の実践

者が数多く出ています。

2005年~2012年

ぐらんまはうす

ぐらんまはうす

ぐらんまはうすは、冠婚葬祭・仕事・通院・買い物・リフレッシュ

など、理由を問わず子どもを低料金(1時間500円)で預けられる

施設。保育士資格を持つスタッフとおばあちゃんのボランティアス

タッフが、子どもたちを預かりました。広い庭で外遊びや水遊びがで

きることも人気の一つでした。

2007年~2009年

まちかど子育て応援団事業

まちかど子育て応援団事業

誰もが訪れるショッピングセンターへ子育て支援事業を展開。

アピタやオギノなどのショッピングセンターにブースを設け、親子

遊びや「県外出身ママの会」などのイベント、助産師による講義や

育児相談などを行いました。そのノウハウは韮崎市子育て支援セン

ターにも生かされています。住友生命助成事業。

2012年

育児キャンパス

育児キャンパス

ジット株式会社の本社託児所を利用して、子どもたちの自由な発想

や好奇心を尊重する遊びの広場を開設しました。

水・砂・フィンガーペイント・コラージュ・ごっこ遊びなど、17の

コーナー遊びを用意。遊びを通して成長する子どもたちを見ること

で、親も何かを学んでほしいという願いが込められた広場でした。

2013年~2014年

チャリティバレエ

チャリティバレエ

日本財団の助成による、山梨県および東日本大震災の里親を支援する

ためのチャリティ企画です。清里・萌木の村のフィールドバレエでお

なじみの「バレエ シャンブルウエスト」のダンサーを招いて本場の

バレエを上演。そのチケットの売り上げといただいた寄付を、里親の

会に贈りました。



上記のかつて行ってきたプロジェクト、そして現在行っているプロジェクトの展開の中からたくさんのネットワークが生まれています。

また、これらのプロジェクトを経験した当法人のスタッフは、それぞれの地域で様々な役割を果たし(教育委員会・新たな産後育児支

援のあり方検討委員会・子ども子育て会議委員など)、その知識や経験を社会にフィードバックする役割も果たしています。

その経験とネットワークを糧に、ちびっこはうすは、これからもたくさんのパートナーとともに新たな子育て支援のミッションに取り

組んでいきたいと考えています。